【自由が丘で和食を】年魚、香魚、銀口魚

query_builder 2021/06/07
ブログ
44C11BDB-A542-490E-A754-3EF3D469454B

関東の梅雨入りはいつになりましょうか☔️アジサイもキレイに咲いてて6月って感じがしますね。


タイトルは全部鮎の別名です。他にもいくつかあるようです。

6月は鮎の最盛期です。鮎の産地と言えば、長良川、四万十川などなどありますけど、漁獲量日本一の都道府県ってどこか知ってますか?

茨城県なんですって(2017年)😲僕も知りませんでした。


鮎の口は特徴的な形をしてます。目の下まで裂けてる(?)ようについてます。これはエサである石や岩に付いた苔を効率よく(苔に対して平行)食べられるようにだと言われてます。

新鮮なものはスイカやキュウリの青臭いニオイがします。エサである苔が川によって違うから獲れた場所のよって若干ニオイが違うんだとか。


そんな旬の鮎をハンバーガー🍔にしてご用意してます。骨はパリパリ骨せんべいに、肝は醤油と味醂、山椒で煮てペーストにしました。お酒が出せないのが残念ですが。この時期だけの限定です。


自由が丘2-18-17

rekishi no ichibu

NEW

  • 【自由が丘で和食を】イバってこーぜ!

    query_builder 2021/06/16
  • 【自由が丘で和食を】捨てないで、もったいない

    query_builder 2021/06/15
  • 【自由が丘で和食を】雲南百薬

    query_builder 2021/06/14
  • 【自由が丘で和食を】タコの思い出

    query_builder 2021/06/09
  • 【自由が丘で和食を】年魚、香魚、銀口魚

    query_builder 2021/06/07

CATEGORY

ARCHIVE